親子遠足
d0180355_19275785.jpg
先週の金曜日は、幼稚園の親子遠足でした!
お天気予報では、お昼くらいから雨・・・なんとか保ってほしいと願っていましたが、集合から1時間程で降り出してしまい、先生方の協議の結果、解散になってしまいました。。

でも、木陰で何とか凌げる程度の雨だったのもあって、残った数組親子でお弁当を食べました♪

写真は、先生方協議中の子供達。
み〜んな元気いっぱい!
もちろん、じっとなんてしていられなくて(笑)、お砂がちょっとつくだけで大騒ぎだったきなこが、裸足でなんて決して地面を踏めなかったきなこが、枯れ葉の中を転がったり石垣を登ろうとしたり、いつの間にかとても逞しくなっているのに驚きました^^

きなこが毎日の園での様子を話してくれる時に、必ず登場するお友達がいるのですが、先生のお話によると、お互いにとても気になる存在で気が合うらしくて、私は遠足でそのお友達に会うのを楽しみにしていました。
当日、お互いを見つけた途端に「いた〜!」と言い合って、それぞれママに報告してくれたのですが、なぜかお互いをフルネームで呼び合うのがおかしくて(笑)
その後も、何かとお互いを気にし合って、お弁当を食べている時も「○○くん、おべんとうおいしい〜?」なんて聞き合っていて、3歳でももう、こうして気になるお友達が出来るものなんだな〜と、とても微笑ましい気持ちになりました。
他にも、何人かよく聞くお友達にも会えて、きなこの話通りに一緒に遊んでいる様子が見られて嬉しかった♪

先日、個人面談の時に先生からお聞きしていたのですが、きなこはひとりで遊ぶよりも、大体お友達と一緒に遊んでいるそうです。
以前から、ひとりで勝手に楽しむぞ〜!と言うよりは、お友達の事を気にして一緒に何かをしたがっていたきなこ。
お友達の輪の中に入れないのかな・・・と心配した時期もありましたが、こうして幼稚園生活を垣間見て思う事は、時期がくれば大丈夫なんだな〜という事。
「できなかった」ではなくて、「やらなかった(やりたくなかった)」だけなんだな、って。
やきもきしてしまったのは、親の私であって、子供の"今"をゆったり構えて見守る事が大切なのですね。
子供の性質を見抜く事も大切だけれど、子供の性質を決めつけて可能性を狭めてしまっては、元も子もないもの。
ほんと、親というものは、日々人生勉強・・・奥が深い。。

d0180355_19275678.jpg
お友達と、同じようなポーズで笑えた瞬間^^;

d0180355_19284170.jpg
小雨の中でもお構いなしに遊ぶ子供達^^

結局、2時近くまで遊び倒して帰宅。
さすがに疲れたらしく、この日は夕食の支度中にソファで力尽きてしまいました(笑)

d0180355_1929296.jpg
きなこと2人分にしては多過ぎたかなと、作り終わってから気がついたお弁当、おにぎり以外は完食でした!
唐揚げ、全部食べられちゃった・・・。
喜ぶかな〜と期待して作ったゼリーは、全く見向きもされませんでした、まあ、そんなものよね^^;

運動会の時は、お重にお弁当を詰めてみたいなあ^^

★ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです^^
子育てブログランキング子供写真ブログランキング
[PR]
by tamayura75 | 2012-05-31 06:07 | 幼稚園
<< 奥多摩キャンプへ おべんとう:おにぎりが・・・。 >>