前歯事件
d0180355_1354095.jpg

きなこ3歳。
動きも活発になってきて、遊びがダイナミックになってきている最近。
恐ろしい事故が起きてしまいました(T_T)

実家で過ごしていた連休中のある夜。
お風呂に入ろうと、きなこをおんぶして脱衣所へ。
そのまま鏡を見ながら、しばらくふざけて・・・降ろそうとしたら、きなこくんフニャフニャしちゃってて・・・あらあら、着地失敗しちゃうじゃない〜なんて思いながら振り返ると、仰向けに降りていました。
どこかにぶつけた衝撃も何もなく、だけど、きなこは泣き始めました。

その口元をふと見ると・・・あれ、歯が・・・ない・・・?

なんと、右の前歯がスッポリ抜け落ちてしまいました(泣)

咄嗟に「塞がなくては!」と、落ちていた歯をさし戻し、止血するものが見当たらなかったので、母を叫び呼び(>_<)
父が救急車を呼んでくれて、そのまま救急病院へ搬送。。。
幸い、歯科大総合病院が近くにあったので、そちらで専門医に処置をして頂く事ができました。

きなこは落ち着くと痛みで泣く事もなく、処置もちょっとしたものに留まったので、さほど辛い思いをさせずに済みましたが・・・
私はもう、きなこの一生を台無しにしてしまったような気持ちになり、でも、とりあえずさし戻した歯は、まるで何事もなかったかのように収まっていて、現実味がイマイチないしで、ふわふわした気持ちになってしまいました。

一方で、頭の中では色々な可能性が巡り・・・

子供の体は、驚くほどの回復力を持つものだそうで、早ければ1週間くらいで根がくっついてくれる事もあるそうですが、神経は一度断裂してしまうと戻る事はやはり難しく、いずれ変色してしまうそう(泣)
そして、今後どのタイミングで抜けてしまうかはわからない。
くっついたとしても、永久歯の根に押されて、通常よりは早く抜け落ちてしまう。

永久歯への生え変わりは5〜6歳かなと思っていたら、前歯って8歳くらいまでに生え変わるとか。
思っていたよりも、乳歯が必要な時期が長い事を知り、更に凹んでしまいました。。

それでも、咄嗟の判断は正しかったと先生に慰めて頂いて(T_T)

今後はコマメにチェックを重ね、永久歯に良いようにしてゆきましょうとの事。
永久歯への影響が殆どないだろうとのお話が、救われましたが・・・。
そして、きなこが痛がったり食欲が落ちてしまうなど、辛い思いを殆どしていないのも良かった。

前歯を避けるために、食べ物に注意が必要な日々がしばらく続きます。
あとは、何とか根だけでも無事にくっついてくれる事を願うのみ。

どうやって、どんな風に何が起きて歯が抜けてしまったのか、未だにわかりません。
ただ、母親の私の不注意なのは確かで、そして、もう取り戻す事ができない、きなこの健康な乳歯。
責任の重さをヒシヒシと感じています。。

これから、色々な状況で怪我をする機会も増えるだろうけれど、気をつけなければと深く反省しています(>_<)

★ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです^^
子育てブログランキング子供写真ブログランキング
[PR]
by tamayura75 | 2011-10-13 14:00 | こどものこと
<< 沖縄旅行(1) グルメギフト >>