えいごであそぶ
d0180355_22355381.jpg
先週のCFKレッスンは、上半期最後の日でした。
きなこは、昨夏からCFKに通い始めたので、1年ちょっと続けてきた事になります。

最近は、レッスン以外の時にツンデレなきなこくん。。
私、親じゃなかったら、「かわいくない子ねえ」と思っちゃうなあ(笑)
それくらい、偉そうで困ります^^;

レッスン自体は、Attendanceでの受け答えに応じない時があったり、英語以前な課題もありますが、昨年のレッスンと比較したら、随分とアウトプットも増えて、本人が自信を得てきているのがわかります。

これまで、何でも慎重に自分のタイミングで物事を受け入れモノにしてきたきなこ。
親の私も鍛えられ、気長に子供の可能性を信じ、見守る事の大切さを学ぶ場にもなっている気がします(^^)

英語の上達はもちろんですが、人前で発言したり、自分の考えを主張したり、何かひとつの事に集中する訓練(と言うと大袈裟かな?)にもなると思っているので、これからも停滞気味な時期がきたりするとは思いますが、続けてゆくのが楽しみです(^^)

私自身、3歳からバレエを始め、5歳からピアノを始めたのですが、小さいながら色々と憶えています。
先生が厳しかった事も、悔しくて泣きながら必死になった事も、そして、上達した時には沢山褒めてもらった事も。
小さいながら、沢山の事を学んだのだと思います。
そんな環境を与えてくれた親には、心から感謝しています(^^)
もちろん、私自身が好きな事だったから、頑張れたのでしょうし、親にやらされていたのだとしたら、興味も持てずに苦痛でしかなかったのだと思います。

そこは、私自身もきなこに対して気をつけていきたいところのひとつです。

小さなうちは、キッカケ作りは親だと思いますが、それを続けるのは、あくまでも子供自身。
DWE(英語)に対しても、きなこが興味を持っているか?楽しんでいるか?を常に見ているつもり。
「やらなくちゃいけない」は苦痛なもの。
「やりたい、やり遂げたい」は楽しいが原動力。
言い方が合っているかわかりませんが、好きだから頑張れる。
興味があるから、もっと知りたい、やりたいと思うはず。

小さなうちだからこそ、身構える事なく、そんな“あそび”の気持ちを大切に、英語と関わっていってくれたら、いいなあと思います(^^)

体感した事は、大人になってもずっと在るはずだから。

相変わらず、おうちでは気まぐれにDVDを引っ張り出し集中しながら観ているきなこ。
日常では、食事の時間にCDをかけるようにしたり、会話の中で英語の言い回しを取り入れる事を、なるべく意識しています。
私自身も、勉強です(笑)
辞書で単語なんかを調べる機会も増えました^^;

でも、躊躇しない、間違いを恐れない事は、大人になってからだと勇気のいる事ですね〜。
将来、きなこに負けないように、日常会話くらいは出来るようになりたい!と、私もDWEを活用させてもらっています(笑)

d0180355_7522724.jpg
上半期の評価シート。
きなこにコメントを伝えたら、とっても嬉しそうな顔をしていました(^^)

これからも、楽しもうね!

★ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです^^
子育てブログランキング子供写真ブログランキング
[PR]
by tamayura75 | 2011-09-18 05:43 | DWE
<< まるで、兄と弟。 じゃぶじゃぶ池で水あそび >>