初めてのお留守番と、ひじき煮。
d0180355_2252856.jpg

年明けから、きなこの「魔の2歳児」ぶりがヒートアップしています。。

毎日、「だめ!」「ポイ!(物を投げようとする)」「いやだ!」「NO!」「だっこ!」の連発…睡眠時間以外、ずーっと向き合っているわけで、さすがに寛容でなんていられず、本気でイライラしたり、叱ってしまったり。

その度に、ダメな母親だわ…と凹む。
私の対処の仕方次第で、きなこの人間形成に支障が出るかもしれない…なんて思い始めると、母親としてとても未熟な自分が嫌になってきたり。

これらの感情は、きなこと言葉でのコミュニケーションが取れるようになってきてからのもの。
それまでは、どんなに愚図っても泣いていても、受け止められていたはずなのにね。

今からこんなでは、思春期を迎えたらどうなるんだろうと、そんな不安まで出てきて。

かなりよろしくないループにハマってきているのを自覚(´Д` )

昨日は、そんな感情がピークに達し(>_<)、気分転換も兼ねてお買い物に行こうとしたのですが、きなこは「いかないの!」「まってるー」の一点張り。
ちょっと焦らせようと思って「じゃあ、ママひとりで行ってくるよ?きなこ、お留守番してる?」なんて言ってみても、全く食いついてきてくれず(笑)
そのうち、あっさり「はい!」「おりゅーばん、するの!」とお返事。

戸締りをガッチリして、本当にお留守番させてみした!

本当は良くないんだろうけど…我が家から2〜3分のところにスーパーがあるので、思い切って!
DWEのDVDをかけて…。
「いってらっさいー」と見送られ。

15分程で帰宅すると。
「あ、きた!」「おかえーなしゃいー」なんて元気に迎えてくれました(^^)

さっきまでのグズグズは何だったんだ?
おトイレに行く事すら、泣いて邪魔されていたのに?
この一件で、なんだか私の心がスーッと軽くなりました。

ごめんよ、きなこ。
ママ、もっと強くなるよ!

実家の両親達に極力頼らずに頑張ろう!と肩肘張ってやってきた自分。
核家族の典型みたいになって、息詰まる事もあるけれど、私は私の信じる道でやってゆくしかないのだわ!
凹む前に、もっとやる事があるだろう!と、自分に喝を入れて。

お夕食は、ハンバーグとひじき煮を作りました(笑)

ひじき煮は、きなこの大好物♪
予想通り、延々食べていました(^^)
お豆を一粒ずつエジソン箸でつまんでいる様子を見ていたら、美味しいものをもっと沢山作ってあげたい!と心から思いました。

道のりは、まだまだこれから。
子供のお陰で、人間力をつけてゆけるんだなーって。
育児は楽しい、なんて、簡単に言える台詞ではないんだと、これから幾度となくぶつかるであろう壁を乗り越えて。
[PR]
by tamayura75 | 2011-01-23 22:11 | おうちごはん・おやつ
<< 「きょうりゅう、こわいね」 「にこにこパーク」へ >>